Fandom


 
25行: 25行:
   
 
; パラメータ
 
; パラメータ
: '''Named parameters specify name shortcuts. They are all optional.''' They are placed at the top of the template call, like this:
+
: '''名前付きパラメータで略称を定義付けることができます (任意)。'''以下のように、テンプレートを呼び出すコードの冒頭で指定してください。
   
 
<pre>{{dialogue
 
<pre>{{dialogue
|short=full
+
|略称1=正式名称1
|short=full
+
|略称2=正式名称2
|short=full
+
|略称3=正式名称3
 
...</pre>
 
...</pre>
   
: Name shortcuts apply to your main dialogue text. If you use a shortcut specified here for a character name, then the full name will be replaced for it.
+
: キャラクターの正式名称が定義されている場合、対話文には略称の代わりに正式名称が表示されます。指定しなかった場合は、略称がそのまま表示されます。
   
: Named parameters of the form "<code>mood1</code>", "<code>mood2</code>", "<code>mood3</code>", etc., up to "<code>mood10</code>", specify moods for the corresponding line number (e.g. "<code>mood1</code>" specifies line 1). They are placed in a line like this:
+
: 以下の名前付きパラメータは、対応する会話文の感情を指定できます。
  +
: "<code>mood1</code>"、"<code>mood2</code>"、"<code>mood3</code>" ……"<code>mood10</code>" まで。
  +
: (例: "<code>mood1</code>" は、1文めの感情を指定します。)
  +
: 以下の例のように指定してください。
   
 
<pre>...
 
<pre>...

2019年9月26日 (木) 22:23に更新

解説
{{Dialogue}}は、対話文を表示するためのテンプレートです。このテンプレートを使うと、対話文を簡単にWikiで統一した形式に揃えて表示できます。また、対話文は文字下げ、箇条書き、または番号付きの箇条書きで表示させることができます。このテンプレートをsubst:展開させて使うことはできません。
このテンプレートはLua言語でプログラムされています。詳細はグローバルLuaモジュールのページ (英語)からご覧いただけます。
必要なファイル
構文
このテンプレートは、ウィキテキストを用いて次のように使用します。
{{dialogue
|キャラクター1略称=キャラクター1の名前
|キャラクター2略称=キャラクター2の名前
|キャラクター3略称=キャラクター3の名前
...
|キャラクター略称|会話文1
|キャラクター略称|会話文2
|キャラクター略称|会話文3
...
|cite = 対話文の説明
}}

各パラメータ (引数)の 詳細は以下の説明をご覧ください。

パラメータ
名前付きパラメータで略称を定義付けることができます (任意)。以下のように、テンプレートを呼び出すコードの冒頭で指定してください。
{{dialogue
|略称1=正式名称1
|略称2=正式名称2
|略称3=正式名称3
...
キャラクターの正式名称が定義されている場合、対話文には略称の代わりに正式名称が表示されます。指定しなかった場合は、略称がそのまま表示されます。
以下の名前付きパラメータは、対応する会話文の感情を指定できます。
"mood1"、"mood2"、"mood3" ……"mood10" まで。
(例: "mood1" は、1文めの感情を指定します。)
以下の例のように指定してください。
...
|Character|Speech|mood1=angry
|Character|Speech|mood2=quiet
|Character|Speech|mood3=ecstatic
...
Positional parameters form the text of the dialogue (i.e. any line not containing an "=" will be construed as part of the dialogue.
Parameter 1 (required) 
Character name speaking
Parameter 2 (optional) 
Line to speak
Parameter 3 (optional) 
Next character
Parameter 4 (optional) 
Next line
Parameter 5 (optional) 
Next character
Parameter 6 (optional) 
Next line
Parameter 7 (optional) 
so on...
Note: if any character is called "action" then that line will be construed as an action line. It still counts as a line nonetheless.
To write a dialogue description/source, use cite =
使用例

Here is an example of a full template usage:

{{dialogue
|harry=Harry Enfield
|bryan=Bryan Adams

|harry|Hello!                |mood1=happy
|bryan|Oh hello there        |mood2=surprised
|harry|How are you?          |mood3=inquisitive
|bryan|Quite fine thank you. |mood4=reserved
|harry|Oh that's spiffing.   |mood5=spiffed
|bryan|It is, isn't it?!     |mood6=multo-spiffed
|harry|Quite so.             |mood7=bored
|bryan|Well, I'm off!        |mood8=joyous
|harry|Ta-ta!                |mood9=relieved
|bryan|Au revoir!            |mood10=sarcastic
}}
は次のようになります...

Harry Enfield (happy)
Hello!
Bryan Adams (surprised)
Oh hello there
Harry Enfield (inquisitive)
How are you?
Bryan Adams (reserved)
Quite fine thank you.
Harry Enfield (spiffed)
Oh that's spiffing.
Bryan Adams (multo-spiffed)
It is, isn't it?!
Harry Enfield (bored)
Quite so.
Bryan Adams (joyous)
Well, I'm off!
Harry Enfield (relieved)
Ta-ta!
Bryan Adams (sarcastic)
Au revoir!

The below code demonstrates examples of extended use:

{{dialogue
|george=Georgie Boy
|rachel=Rachel

|action|Enter: George and Rachel
|george|Good morrow dearest Rachel!|mood2=happy
|action|Rachel turns to see him
|rachel|Oh, George, it's you!
|george|...
|rachel|Why won't you say anything?!|mood6=worried
|action|Enter: Guards
|Guards|We are announcing George's arrest!
|rachel|Oh my!|mood9=horrified
|action|George is dragged away.
}}
は次のようになります...

[Enter: George and Rachel]
Georgie Boy (happy)
Good morrow dearest Rachel!
[Rachel turns to see him]
Rachel
Oh, George, it's you!
Georgie Boy
...
Rachel (worried)
Why won't you say anything?!
[Enter: Guards]
Guards
We are announcing George's arrest!
Rachel (horrified)
Oh my!
[George is dragged away.]

補足
You can number, bullet or indent your dialogue:
:{{dialogue|Me|Hello|You|Howdido!}}
Me
Hello
You
Howdido!
#{{dialogue|Me|Hello|You|Howdido!}}
#{{dialogue|Them|Good afternoon|Us|What a load of rubbish!}}
  1. Me
    Hello
    You
    Howdido!
  2. Them
    Good afternoon
    Us
    What a load of rubbish!
*{{dialogue
|angel=Fortitude
|angel|I am an angel!|Crowd|We don't believe you!}}
*{{dialogue
|angel=Fortitude
|angel|But I'm being quite serious!|Crowd|Too bad for you then!}}
  • Fortitude
    I am an angel!
    Crowd
    We don't believe you!
  • Fortitude
    But I'm being quite serious!
    Crowd
    Too bad for you then!
You will get the odd spacing error (e.g. "Speech<space>") if you lay out your dialogue on multiple lines.
関連項目
テンプレートWikiの記事
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。